そろばん

なぜ、学習塾がそろばん塾を?

sorobann学習の現場にいると、「こんな計算もできないのか…」というくらい、子供たちの基本的な計算能力の欠如を感じます。この傾向は年々ひどくなってきているように思います。
これは、『ゆとり教育』の弊害だと思います。
私共は、1人ひとりを見つめたOnly One指導を行い、
「わかった楽しい」から「ひとりでできる」ようになる
ことに全力を尽くしておりますが、子供たちの基本的な計算力の欠如は、私共にとっても大きな大きな壁として立ちはだかっております。

何か解決策は?

私もいろいろと研究しておりましたところ、古くて新しいおけいこ事として「ソロバン」が見直されていることを知りました。昔は、多くの子供たちがソロバンを習い、高校などを借りきってソロバン検定を行っていたと思います。しかし、電卓ができて、パソコンが当たり前になってきている現代において、ソロバンは忘れ去られてしまいました。高校の商業科に行っても、ソロバンが必須ではなくなったと聞いております。
ソロバンの資格を履歴書に書いても、就職にはあまりメリットもなくなりました。ソロバン検定人口も昔は200万人(今の英語検定と同じくらいの人数です)だったそうですが、今は20万人にまで減ったそうです。

ところが、そんな「ソロバン」が見直されているのです。日本だけでなく特に海外で。

計算力を高めるおけいこ事としては「KUMON」が有名ですが、「KUMON」には絶対にないメリットが「ソロバン」にはあることが、発見されたからです。日本医科大学の品川教授チームの20年にわたる研究によると、世の中のほとんどの計算法は、左脳を使っているそうです。この左脳の訓練によって開発された脳のことを筆算式暗算の脳【ひっさん脳】と呼んでいます。唯一、ソロバンだけが右脳を使う計算法だったそうです。右脳の訓練によって開発された脳のことを珠算式暗算の脳【そろばん脳】と呼んでいます。ソロバンの技術を習得した人だけが、右脳(の後頭部)に【そろばん脳】をつくることができるのです。こんなメリットは他の計算専門の塾にはありませんよね。しかも、ソロバンは「気軽で」「手軽で」「リーズナブル」なおけいこ事です。

珠算式暗算とは・・・?

soro2珠算式暗算は、そろばんの珠をイメージ化して、頭の中に浮かべます。そして、それを実際のそろばんと同じように動かして計算をするのです。この珠をイメージする場所は、右脳の後頭部のところにつくられます。

この場所は、子供の時にしかつくることができませんが、1度できると、その場所は生涯にわたって存在していつでも使うことができるのです。

筆算式暗算は「左脳」、珠算式暗算は「右脳」を使います。

今までの大脳生理学では、すべての計算は左脳で行われていると考えられていました。しかし、日本医科大学の品川教授の発見により、珠算式の暗算だけが右脳で計算していることがわかり、世界中の研究者を驚かせました。

soro3そろばん左図では、筆算式の計算が、左脳を使っているのに対して、 珠算式の暗算は右脳を使っているのが良くわかります。珠算式の暗算は、黒い部分が一箇所で白い部分が多いのは、集中している状態を表しています。
これはスゴイ!と思って、実際に実験した人がいます。百マス計算で有名な陰山英男さんです。陰山さんは、まず土堂小学校の1年生だけにソロバン学習を導入したそうです。すると、1年後この学年の子供たちだけが、『そろばん脳』を使った計算力を身につけました。そして、それだけなく、平均IQが何と118まで上がったそうです。日本人の平均IQは100です。120以上あれば、東大や京大に合格できると言われていますので、この数字は驚異的なものですね。陰山先生は、その後京都の立命館小学校の副校長になり、全学年に年間100時間のソロバン学習を導入したそうです。

このように、一部の人は「ソロバン」のメリットを知っていたのですね。こういった話が、中学受験をする子供を持つ親たちに浸透し、ソロバンが見直されてきたようです。そんなに素晴らしいものだったら、わが塾でもソロバン学習を導入していきたい…と思っていたところ、様々なご縁で京大個別会さんと出会うことになったのです。

京大個別会http://kobetukai.comが全国に300校以上展開している「そろばん塾ピコ」には、いくつかの特長があります。

1、生徒の目標

多くのソロバン教室は1級や段位を目指せ…といって毎日トレーニングをすることを強要しています。そのために週3日以上教室に来い…と言っているようですが、ピコは全く違います。ピコは「小学校卒業までに日商珠算検定2級程度の取得で良い」という目標を掲げています。なぜこのような低めの目標を掲げているかというとそれは京大個別会に登録している現役京都大学生の約半数が、小さい頃ソロバンをやっていたそうですが、全員2級取得までだったから…、と聞いています。2級まで取得すれば、少数やマイナス(補数)計算まで網羅できますので、高校入試や大学入試センター試験にも十分に通用するから、だそうです。もちろん、1級や段位を目指したい人は目指してもOKですが、あまり無理せずに、他のおけいこ事や学校の勉強に力を入れた方が良い…というのがピコの考え方です。2級が目標であれば、毎日トレーニングする必要もありません。週2回程度のおけいこで十分です。これは非常に合理的な考え方だと思います。

2、指導方法

ピコに来る生徒さんは比較的小さい子供たちが多いそうです。幼児や小学校1年生2年生など。足し算も掛け算も割り算も全くわかっていない子供たちに教えるわけですから、しっかりとした型を身につけさせなければなりません。その点ピコは非常に基本に忠実な指導をしています。問題も答えも全てソロバンに入れて、  右手・左手の指おさえを確実にやりながら、指と目を使って段取り良く型を身につけさせています。ピコは頑なに基本に忠実な指導を行っています。ピコが基本に忠実な指導をする理由は2つあるそうです。1つは、単に暗算が速くなるだけじゃなくて、確実に『そろばん脳』をつくってほしいという願いがあるからだそうです。『そろばん脳』は、指と目を段取り良く確実に使っていくことによってのみ開発されます。時間短縮の為に、この動作をカットしていくと、一時的に暗算は速くなったような錯覚に陥りますが、結局不完全な脳しかできないというデメリットがあるから、だそうです。
もう1つは、ピコの教務をバックアップしているのが、4人の10段(高校チャンピオン経験者たち)のスタッフだから、です。10段というのはなかなか到達できない領域ですね。この10段のスタッフたちの口癖が「基本に忠実に!」ということ、だそうです。基本の型をマスターして、珠算6級に合格してから、本格的な暗算に取り組む、というのがピコの考え方です。そうすると、確実な暗算力が身につくようです。とてもしっかりとした考え方だと思います。

3、日本フラッシュ暗算検定協会との結びつき

ソロバンには古くから、
全国珠算教育連盟(全珠連)と日本珠算連盟(日珠連)という団体がありますが、この2つの団体共に、フラッシュ暗算に関してはあまり力を入れていないようです。一応フラッシュ暗算検定はあるようですが、商工会議所などでもやっている所は非常に少ないようです。そんな中で、ピコはいち早く日本フラッシュ暗算検定協会と提携し、フラッシュ暗算検定を精力的に進めています。フラッシュ暗算に関しては、パソコンを使用するため、目が痛くなるとか、頭が痛くなる…といった生徒もいるので、希望者のみ、通常のおけいこ+10分~15分程度のフラッシュ暗算コースをオプションとしてとることができるようにしています。

私は、このようなピコの3つの特長(考え方)に大変共感しています。そして、多くの塾生・ご兄弟・友人の方々に、『そろばん脳』をつくるお手伝いをしていきたいと考えております。ご興味ある方は、各教室のスタッフにお尋ねください。

そろばん学習を通して、思いやり算(+ 助け合う、? 引き受ける、× 声をかける、÷ いたわる)、規律の大切さを教え、人格形成のお手伝いをさせていただきたいと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。今後ともご協力のほどよろしくお願い致します。

鶴ヶ島校  (049)227-3447
若葉校   (049)227-3558

HOMEへ戻る