お子さまの国語力に


■読書が好きになる
■ことば力がつく
■感じる力がつく
■考える力がつく

国語力がのびる

国語も英語もたくさん聴いてたくさん読む

「たくさん聴いてたくさん読む」。簡単なようで現代の子どもたちには難しいことなのかもしれません。
しかし、国語でも英語でもほんとうの力を身につけたいなら、「たくさん読む」ことは古くから重要視されてきました。 ことばの学校は、子どもたちに本来の学びの場、本物の学びの場を提供します。
そして、子どもたちの自発的な学びの意欲につながる「楽しい」ものを提供しています。
さらに、ただ「楽しい」だけではなく、「役に立つ」ものを提供しています。


読んでよかった「数々の名作」・ 楽しくて止められない「読書好きの子どもに」




読むとくメソッド®だから、 ただ「読んで楽しかった」で終わらせない ことばの学校もYOM-TOXも「読むとくメソッド®」。 「たくさん聴いてたくさん読むこと」だけでよいわけではありません。せっかく読んだ本なので、役に立つことばの力につなげたい。感じる力、考える力につなげたい。それが読むとくメソッド®のコンセプトです。たとえばワークブック。全タイトルに、ことば力を確かなものにしていく、完全オリジナルワークがあり、子どもたちの「ことばがわかるようになる」をサポートします。

自立する学びを、楽しくなる学びを、アプリでサポート

「読みなさい」「覚えなさい」「テストに出るよ」では、学びの楽しさ、主体性は育ちません。
ことばの学校は、子どもたちがひとりでも楽しく進んで取り組めるように専用アプリを用意しています。
アプリで記録をふりかえるときの「こんなにたくさん本が読めた!」という驚きが自信になり、学ぶ意欲の継続につながります。

国語塾ことばの学校

全ての学習の基本は「国語力」であることをご存知でしょうか? 学校のテスト問題で良い点数を取る、入学試験で合格点を取る、社会に出てコミュニケーションをする… 全てにおいて必要なのは「国語力」なのです。 国語塾ことばの学校を受講している生徒さんは、 「語彙力」「表現力」がメキメキとアップし、国語力が伸びております。 使用する教材も、今後の受験や知識を広げるために役立つ、厳選された「良書」ばかりです。 年々子供達の読書時間が減っているといわれる昨今だからこそ、必要な学習です。

国語力は全ての基本です。国語力の土台は読書量です。

20150211-1小学生の特に小さい頃( 10 歳までという人もいます)の読書量でお子さまの読解力が決まってしまいます。 読書の好きな子には国語力が身に付き、算数・数学の文章題や応用問題の苦手な子はいません。 さらに、英語・理科・社会他全ての基礎である理解力が高まります。国語力、(文章読解力、語彙力、発信力等)を伸ばすには普段からの読書習慣が欠かせません。   さぁ今から、読書を通じて、長い文章を読み解く力、語彙力を身につけましょう。

読書を通じて国語力を高める、まったく新しいプログラムを導入しています。

このプログラムは以下のようなお子さまに最適です ■国語が苦手で、なかなか点数があがらない ■読むのが遅くて、時間内に問題が解ききれない ■本を読まないので、語彙力がない ■国語力がないので、算数の文章題が解けない ■単語だけの会話が多く、自己表現が苦手だ ■語彙力がないので、記述作文が苦手だ SnapCrab_NoName_2021-3-30_20-45-34_No-00 SnapCrab_NoName_2021-3-30_20-46-45_No-00