テストで点数が取れない原因は

テストで点数が取れない原因は「知識が曖昧である」ということにつきます。なぜ、知識が曖昧かというと、「学習量の不足」によるものです。体に染みこむほどのトレーニングの量が足りていないのです。また、「正しい学習方法を知らない」ことも大きな原因の一つです。もう一つ何を覚えればいいのか分からないということ。つまり「必要な情報が分からない」ということも大きな原因です。

良い成績を取るための必要な情報が明確であり、また、それを身に付ける正しい学習方法を知り、その上に体にしみこむほどのトレーニングを行えば結果はすぐに出てくるのです。

つまり、生徒が「何を、どのように、どれくらいの量をやればいいかが分かっていない」ということなのです。

子供たちの意欲があって初めて成績を顕著にのばすことが出来る

まずこの学習法の大前提から述べさせていただきます。成績を目に見えて顕著に上げるために欠かせない絶対条件があります。それは、生徒たちが意欲を持って主体的に取り組もうとする姿勢です。無理矢理に勉強させても結果は出ません。それは皆さんよくご存じのことと思います。

ですから、この学習方法はまず子供の意欲を引き出すということから始まります。意欲を引き出すことが出来れば、後はほっといても勉強するようになるのです。

短時間で結果を出すことによって意欲が出る

強い目的意識があり、やる気を持って勉強に取り組むような生徒はほんの一部です。ほとんどの中学生はこちらが思ったほど勉強をしてくれないのが現実です。そのような生徒達に対してどのようにすればやる気を起こしてくれるのかはとても大きな壁です。

そこで、到達したのが短時間で成績を目に見えて上げるという手法でした。短時間で成績を上げることによって自信が生まれ、やる気も出てくるのです。

必要な情報を出来るだけ最小限に絞る

では、具体的にどのようにすれ短時間で成績を顕著に上げることが出来るのでしょうか?それは、まず「必要な情報を絞る」ということ。身につけなければならない情報量が多すぎるとそれを見ただけで学習意欲をなくしてしまいます。反対に、少なすぎると点数に出てきません。高い精度で出来る限り情報を絞るのです。

そうすることによって短時間で直接点数に結びつけることが出来ます。また、短時間で出来るので反復できる回数も増えます。出来るだけ短時間で成績を上げることがやる気を増幅する重要な要因となります。

誰にでも出来る単純な学習方法から始める

次に、勉強の出来る生徒たちが行っている学習方法と同じプロセスをたどらせることが必要であるということ。つまり、「正しい学習方法を体得させる」ということです。
しかし、学力の弱い生徒や、学習方法を知らない生徒に始めから正しい学習方法をとらせることは不可能です。ですから段階を作ってあげてステップアップさせてゆきます。

つまり、始めは単純な作業で成績を上げてあげることが重要です。どんな生徒にも出来る単純な学習方法から始めるのです。そして、それを反復しながらステップアップしていく内に子供たちはいつの間にか知識やスキル(技術)が身に付いてゆくという過程をたどることになります。

そして、その過程を通して、どのようにすれば知識やスキルが身についてゆくのかを子供たちは体で覚えてゆくのです。

学習量の重要性

そして、最後は学習量です。たくさんの学習量をこなす必要があります。

「成績は相対的なもの」です。成績を上げるということは自分と同じレベルの生徒たちよりもよい点数を取るということです。ライバルと同じ内容、同じ学習量では勝つことは出来ないのは明白な事実です。

相手よりよい点を取るための法則があります。第二次大戦中に考案されたランチェスターの法則というのがあります。この法則に「必勝の法則」というものがあります。これによると敵の1.7倍が相手に勝つための法則なのです。ライバルの1.7倍の学習量をこなすことによって初めて必ず相手に勝つことが出来るのです。

しかし、他の生徒の1.7倍やれと言っても普通の一般的な中学生にとってはそれは不可能なことです。ですから、気がついたら今までの倍の量を学習していたという結果に至らせることが重要なポイントです。つまり、「たくさんの学習をする仕組み」が必要なのです。

 

成績が上がらない最も大きな原因は,子ども達がやる気を持って取り組んでくれないということです。

どんなに素晴らしい授業をやっても,どんなにすばらしい教材を作ったとしても,肝心の子どもたちがやる気を持って取り組んでくれなければ始まらないのです。

これが,すべての生徒に共通して効果的な学習法が確立出来ない原因なのです。では,どのようにすればすべての生徒達がやる気を持って取り組んでくれるようになるのでしょうか?

それは23年間の実際の塾の現場で取り組ませてきて,そして掴んだ確証があります。どんな生徒でもやる気を持って取り組ませる方法・・・それは,生徒が取り組んだ瞬間に「力がついている!」と生徒自身が実感できることなのです。子供達は正直です。成績が上がらない学習方法は瞬時に見抜いてしまうのです。だから,それ以上取り組もうとしないのです。

しかし,生徒自身が本当に「これは成績が上がる学習方法だ!」と実感すると目の色を変えて,まるで別人になったように取り組み出すのです。これは本当です。私の塾で生徒達がそのように取り組んでいるのです。

また,この学習方法を導入した,すべての塾でそのような驚くべき変化が出ているのです。要は学習の質の問題だったのです。

短期間で誰でも必ず結果が出る学習教材です。

成績が上がらない原因はなんだと思いますか?
もし,頑張っているのにあまり成績が上がらないのであれば今の勉強のやり方を変えたほうがいいかも知れません。
本当に成績の上がる勉強法は,取り組んだ瞬間に「力がついている!」と実感出来る学習法なのです。

頑張っても成績が上がらない原因は・・・

「何を」勉強し身につけたらいいのかの「何を」が分かっていない

「どのように」学習すればいいのかその「正しい学習のやり方」が分かっていない。

「どれくらいの量」を勉強したらいいのか「必要な学習の量」が分かっていない。

この3点に絞られます。

「何を」「どのように」「どれくらい」やったらいいのかが分かっていない・・・
つまり,「何を」「どのように」「どれくらい」やったらいいのかが分かっていないことが成績が上がらない最も大きな原因なのです。

もう一つ重要なポイントがあります。それは,あまりに膨大な量,長い期間を学習することは普通
の中学生には出来ないということです。

短期間で成績が上がる学習の質

つまり,必要な情報を絞り,「短時間で成績が上がる学習の質」がとても重要であるということです。
これは生徒の「やる気」につながるのです。長期間頑張っても成績が上がらなければ,やる気が
失せてしまうのです。そのために,短期間,短時間で成績を上げることは,生徒のやる気を持続させるために絶対に必要な要素なのです。

先に挙げた3点の「何を」「どのように」「どれくらい」やったらいいかということ。

そして,「短時間で成績を実際に上げる」,「短時間で知識が身に付いていると実感出来る」ということ・・・

HOMEへ戻る