夏期講習2024申込受付中!

にっさい校の三代目主(ヌシ)になるのは誰だ!?

にっさい花みず木校には、

後輩たちから「ヌシ」と呼ばれる先輩がいます。

初代「ヌシ」は、

偏差値を40台前半から、55、56までアップさせたSくん。

彼は松山高校に進学しました。

二代目「ヌシ」も、

同じく松山高校に進学したJくん。

彼も塾での勉強時間は飛び抜けていました。

この二人に共通していたことは、

誰よりも先に塾へ来て、誰よりも遅く帰る

ということです。

これが、

後輩たちから「ヌシ」と呼ばれる所以です。

僕の記憶だと、

彼らが部活を引退してからは、

16時半ごろ塾に来て、22時半くらいに帰っていたと思います。

夕食の休憩は取っていなかったですね。

10分間の休み時間も

英単語や理社の用語を勉強していました。

平日毎日塾で5~6時間も勉強していた

ということになりますね。

これだけでも十分凄いのですが、

彼らはこれだけじゃありませんでした。

まず、

学校の休み時間はすべて勉強に充てていたそうです。

塾の帰り際に渡した20~30ページくらいあるプリントが、

翌日塾に来たときには終わってましたからね。

そして、スマホの使い方も立派でした。

特に、

初代ヌシとの会話を今でも覚えています。

それは高校受験が終わって高校の予習をしているときです。

彼が休み時間にスマホを触っていたんです。

それまで彼がスマホを触っている姿を見たことが無かったので、

「スマホ買ってもらったんだ~」

と話しかけると、

「いや、結構前から持ってました。受験が終わるまで塾に持ってこなかっただけです。」

と言ったんです。

スマホが自制できているということですよね。

さて、

今年の中3の中から、三代目「ヌシ」は誕生するのか!?

中3たちよ、

良い伝統を引き継いでくれ!

サクセス未来塾
にっさい花みず木校
中村

関連記事

ポモドーロ・テクニックで集中力を維持する

高校は義務教育ではない!当時高校生だった僕たちに先生が言ったこととは?

期末テスト勉強を始める絶好のタイミングだ

PAGE TOP