夏期講習2024申込受付中!

教科書を見ながらワークを解くのは、やったつもりになっただけ

ワークをやっていてわからない問題があったとき、

教科書で調べながら進めますよね。

もしくは解説を横に置きながら。

ワークの取り組み方として、

間違ったやり方ではないと思います。

ですが、

それでワークの問題ができるようになったと

勘違いしてはいけません。

テスト本番では教科書の持ち込みはダメですからね。

自分の脳ミソに入っている知識だけで、

試験問題と戦わないといけないんです。

教科書・解説を見ながらワークを進めるのは、

やったつもりになっただけです。

何も見ずにワークの問題が解けるようになって

初めてワークが完成したといえるんです。

テスト勉強の最初のゴールはそこです。

少し厳しいことを言ってしまえば、

テスト前日までにそこに辿り着いていなければ、

準備不足ということです。

今まで何してたの?

ってことなんです。

テスト日程はあらかじめ分かっています。

テスト範囲も分かっています。

いつまでに何をしなくちゃいけないのかは

前もって教えられているんです。

そこに向けて完璧な準備をするのがテスト勉強です。

教科書を見ながら1周目を終わらせるのは、

まだスタートラインに立った段階だということ。

それだけは忘れてはいけません。


サクセス未来塾
にっさい花みず木校
中村

関連記事

定期テスト対策で歴史マンガが活躍している!?

そろそろ毎日の宿題が200日目に到達する

若宮中の定期テスト日程

PAGE TOP