夏期講習2024申込受付中!

高校は義務教育ではない!当時高校生だった僕たちに先生が言ったこととは?

塾の高校生が学校面談で、

高校は義務教育ではない。

自分で意識を変えて勉強しないといけない。

と言われたそうです。

全くもってその通りです。

義務教育ではない「高校」というところにわざわざ行くという選択したということは、

その高校で勉強をするという選択をしたということです。

僕も高校時代に先生から言われて、

今でも覚えていることがあります。

それは大雪で学校が休校になった日のこと。

休校の連絡が遅かったので、

僕を含めてクラスの数人はもう学校に来ていました。

すると先生が教室入ってきて、

僕たちに休校だと伝えました。

もちろん僕たちは喜びました。

「よっしゃー!休みだ!」って。

それを見た先生が僕たちにこう言ったんです。

君たちはバカか?

高校は義務教育じゃない。

高校は勉強したいと思う人が来る場所だ。

君らはこの学校で勉強がしたくて入ってきたんだろ?

授業が無くなって喜ぶのはおかしい。

本来であれば、

「なんで授業が無いんですか!僕たちのために授業をしてください!」

っていうところだ。

今から校長先生のところに行って、

休校を取り消すようお願いしてこい!笑

って。

先生は冗談交じりに話していましたが、

ちょっと納得してしまった自分がいました。

今思えば、

それは当然のことですよね。

高校に行くってことはそういうことなんです。

高校生は

自分が選んだ学校なんですから、

そこで勉強するのは当たり前です。

中学生も

「ここで勉強したい」と思える高校を見つけて、

そこに受かるように頑張ってほしいですね。


サクセス未来塾
にっさい花みず木校
中村

関連記事

教科書を見ながらワークを解くのは、やったつもりになっただけ

来週から夏期講習!僕の生活リズムも変わるぞ

学年関係なし、先生も混ざってドッジボール大会!

PAGE TOP