夏期講習2024申込受付中!

「今回は頑張った!でも結果が出ない…」その理由とは?

勉強っていうのは

小学校から

いや

それよりもっと前からの積み重ね

だと僕は思っています。

実際に

小学校に入る前からひらがな・カタカナ・漢字が書ける子もいれば

たし算・ひき算ができる子もいますよね。

わかりやすく算数・数学の計算に絞って話をすると

小1でたし算・ひき算

小2でかけ算

小3でわり算

小4〜小6で小数・分数の計算

中1で正負の数、文字式、方程式

中2で連立方程式

中3で展開・因数分解、平方根、二次方程式

これらがすべて積み重なっていきます。

それぞれの学年で習うことを

すべて100の理解で進めればいいのですが

かけ算90

わり算80

小数・分数75

と進んでしまうと

その負債はどんどん大きくなっていくわけです。

その負債を背負った状態で

今の勉強に取り組んでいることになります。

例えば

小学校の頃に小数・分数に不安があった子は

中1の正負の計算を理解できたとしても

他の子に比べると計算のスピード自体は遅いわけです。

不安のない子は

小数・分数などお構いなしにスラスラと計算していきます。

要するに

「今回は頑張った」というのは

今やっている内容を勉強したのではなく

今までの負債を返していただけかもしれない

マイナスがゼロになっただけかもしれない

ということです。

ただ

本人が「頑張った」と思えたことは事実です。

たとえ思うような結果が出なかったとしても

その感覚は今後の勉強に必ず活きてきます。

「頑張ったのにダメだった…」

「それなら頑張っても無駄だ…」

と勉強することから逃げてしまうのではなく

その頑張りを次につなげてほしいですね。


サクセス未来塾
にっさい花みず木校
中村

関連記事

中1英語で96点!若宮中1年生の英語はすでに二極化が進んでいる!?

時間が無いのはみんな一緒だ

12歳の中村くん(卒アル写真大公開!)

PAGE TOP