夏期講習2024申込受付中!

【英単語教室】英単語を覚えたかったら〈発音→練習→テスト〉の繰り返し

今日は定期テスト直前対策『英単語教室』を開催する。

午前10時から12時まで、

ひたすら英単語を覚え、書けるようにするイベントだ。

英単語を覚えるには、

まず「発音」を知ること。

読めないものを覚えるのは難しい。

例えば、「vegetable」を

「ヴィー・イー・ジー・イー・ティー・エー・ビー・エル・イー」

なんて覚えられないよね。

発音を理解して、

「ve(ヴェ)ge(ジ)ta(タ)b(ブ)le(ル)」

って覚えた方がラクだし、

他の単語にも応用が利く。

そして「練習」すること。

(発音をマスターしてしまえば、単語を見ただけである程度は書けるようになってしまうのだが)

「英単語が書けないんです…」

という人は、

そもそも書く練習が足りていないことが多い。

書けないという自覚があるなら、

人よりも書く努力をしないといけないよ。

じゃないと、いつまでたっても書けるようにはならない。

最後は「テスト」をして確認すること。

本当に書けるようになったかは、

テストをしてみないとわからない。

書けるようになったつもりで終わらせないためにね。

テストをすることで書けない単語が浮き彫りになって、

それらにフォーカスして練習ができる。

だんだんと書ける単語が増えていき、

書けない単語が減っていくのがわかるはずだ。

それを仕組み化したのが、

定期テスト前に行なってる『英単語教室』だ。

定期テスト範囲の英単語リストを配布し、

まずは10分間覚えてもらう。

そして5分でテスト。

テストで書けた単語にはチェックを入れ、

次はそれ以外を集中して練習する。

これを10時から12時の間に8回繰り返す。

サクセス未来塾にっさい花みず木校では、

こうやって少しずつ英単語を書けるようにしていく!

サクセス未来塾
にっさい花みず木校
中村

関連記事

小4算数「がい数」の単元から、算数でも“国語力”が大事だと再認識

にっさい校ではルービックキューブが流行っている

「理社マラソン」と「英単語教室」の問題作成に取りかかろう

PAGE TOP