夏期講習2024申込受付中!

なぜ勉強するのか?僕の考えはこれ

なぜ勉強しなくちゃいけないのか?

僕が今時点で思っている答えを書いていこうと思います。

(いつもこんなことばかり考えているので、今後は変わっているかもしれませんが笑)

将来よい仕事に就くため

とか

お金を稼ぐため

とか、

色んな答えがあるこの問いですが、

僕は、

他人から信用される一番簡単な方法だから

だと思っています。

たとえば、

あなたが新たに会社を立ち上げるとします。

そこで一緒に働く仲間を選ばなくてはいけません。

そんなとき、

Aさん「勉強は真面目にやってきました。学校の授業はしっかりと聞き、わからないところは色々な方法を試して解決してきました。さらには、学校の授業以外でも自分から進んで勉強してきました。」

Bさん「勉強は全くやっていません。先生の話もあまり聞きませんでしたし、提出物も期限を過ぎることがありました。でも自信だけはあります!私にお任せください!」

あえて極端に書きましたが、

どちらと一緒に仕事をしたいですか?

書くまでもないですよね。

学校では、

大事なことがまとめられている教科書があって、

それをわざわざ教えてくれる先生がいて、

理解度を確認するためのワークもあって、

定期テストで本当に理解できているかのチェックもしてくれます。

人によってはプラスαで塾にも通わせてもらっているわけです。

ここまでの環境が整っているのに勉強しない子って

どこで信用を得るのでしょうか?

(勉強以外の子で突出した才能を持っていれば話は別ですが…)

ここで、

成績が良いか悪いかは別の話だ

ということも書いておきます。

大事なのは、

「勉強」という与えられた課題にどうやって向き合ってきたか

です。

そして、

勉強を通して

人の話をしっかり聞ける

わからないことを解決できる力

自分から行動できる

こういったことが磨かれていくのだと思います。

勉強って子供たちにとって一番身近なものですからね。

僕が生徒から

「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」

と質問をされたとき、

以上のような話をします。

学校に通うということは、

嫌でも勉強をしなくちゃいけないってことなんです。

そこで、

素直に勉強するのか、

何かと言い訳をして勉強をしないのか。

これが将来の差になるんじゃないでしょうか。


サクセス未来塾
にっさい花みず木校
中村

関連記事

子どもが「やる気」を出すのを待つのも大切

最近気になった教育記事(2024.06.23)

中3生からまだ受験生のオーラが感じられない

PAGE TOP